てらterra

建長寺 新春法話

12400447_508119132704292_2852998413466827302_n

 

 

本日は、新春禅をきく集い

小川先生の講義いつか…念願かないました。

 

ストレスの構造は無縄自縛。自縄自縛というよりも無縄自縛。無い縄で自分を縛っている。無いからこそ気付きにくい。

おかげで頭のしこりがすっかり融消しました。
抑下の托上、これもまた強弁方便に堕することがあるのですね。

入谷先生と小川先生、おそるべし。

続いて吉田管長の法話。

日常底で、覚えたことをすっすっと忘れていく。ここでいう忘れていくとは、身体に落とし込んでいくこと。
蹴つまずいてからではなく、身体が自然に動けるようになる。

本来空であるから身体ががあり、身体も空であるからずっと生き通し。

まこと、周円融通です。